むつみ造園土木株式会社-Human Ecology Design-

会社情報関連

会社情報関連メニュー

  • 会社概要
  • 会社沿革
  • 経営理念
  • 採用情報

TOPページ > 会社情報関連 > 会社概要

代表挨拶

 50 to 50 ‟続„

 2019年7月28日。弊社は誕生50年を迎えます。
50年の歳月を経て、今日の企業活動をさせて頂いているのも、常日頃からお世話になっておりますステークホルダーの皆様によるご厚情の賜物と改めて感謝申し上げます。誠に有難う御座います。
 この50年という歳月は、宇宙開発の歴史においても1980年代に有人再使用型ロケット『スペースシャトル』が初飛行に成功してから、地球と宇宙空間の概念が飛躍的に変化しました。 宇宙ステーション開発や各惑星へのアプローチ、小惑星探査機『はやぶさ2』によるリュウグウの探査などアメリカ主導から各国による開発が行われるようになりました。世界の人口推移も1969年36億人から2000年には61億人を超え、2020年には78億人になると予想され、年間7000万人ペースで増え続けています。
 一方で日本では第二次世界大戦敗戦後の貧困からの復興を掲げ、国策として国内総生産をあげるべく、生きるための手段、ライフスタイルの中心として仕事が成り立っていました。 その原動力で世界の中でもトップクラスの経済先進国となり、日本国全体の生活水準が改善されました。一次産業が主体であった産業構造から二次・三次産業への就労者数が増え、働く環境が変わることによりライフスタイルが変化し、 都市部一極集中による人口分布の変化や社会資本整備などの行政サービス、社会保険・年金などの保証制度など様々な部分にひずみが生じ、国を挙げて改革の元に議論が進んでおります。グローバル化も日々進化しており、 日本政府は日本社会の推移をSociety(ソサエティー)と表現し、

Society1.0狩猟社会
    ⇓
Society2.0農耕社会
    ⇓
Society3.0工業社会
    ⇓
Society4.0情報社会
    ⇓
Society5.0超スマート社会(現在)

と位置づけており、Society5.0では情報のデータ解析をビックデータに基づきAIが行い、それぞれの枠を超えたサービスの提供を行う事がポイントであり、個々の多様なニーズや潜在的ニーズにきめ細やかなサービスの提供が実現しております。
 しかし技術革新が進んでいく中でそれを扱う側の人間が様々な社会構造の変化において、人間のメカニズムである心と体のバランスが崩れ、人間社会におけるコミュニケーション能力の弊害により、新たな社会課題が問題となっております。 産官学連携などという言葉はよく耳にしますが、これからは連携前提で物事を起こすのではなく、それぞれが独自でしっかりと基盤を創った上で、得意分野を分かち合うコンソーシアム思想が必要であると思います。

 創業者の想いがこもった『むつみ』の精神を礎に、社是『創造の真髄』を実現するべく、造園専門企業としてひたすらに作品を通じて都市公園の空間や人々が集いやすらぎを得られる空間づくりに邁進し、経営理念である会社・人材は地域により育まれ、 地域に根差した活動と共に発展するという考えの基に、社会貢献活動を通じて創業の地において、新たな事業展開を始めております。50年の節目において、令和の由来となった日本最古の和歌集『万葉集』からの引用、 自然と共生してきた日本文化=造園文化であると考えれば、グローバルな時代における日本・造園・弊社の立ち位置が見えてくる。次の50年先を見据えてむつみ造園グループとして、50 to 50の基で、100年継続するBird eyesビジョンを 以下に掲げ取組んで参ります。

〇空間づくりを通じた社会貢献(CSV)
 私共はランドスケープ企業として、技術・技能・自然文化・地域遺伝子・樹木生理学など様々な観点から継承してきた伝統技術・技能や育まれた感性、裏付けられた科学的根拠に基づいて 作品を提供して参りました。今後も作品づくりを通じて、世の中に命が吹き込まれた空間を創る事を使命とし、それぞれの創造の真髄を形にして参ります。
①3世代が活き活きと集う空間をつくる。
② 感性・技術・人間力を磨く空間をつくる。

〇自然資本によるみどりの環境立国実現
 国際サミットで採択された2016~2030年の持続可能な開発目標であるSDGs。『持続可能 な世界を実現するための17のゴール・169のターゲット』から構成されており、地球上の 誰一人として取り残さない事を誓っています。自然資本がキーワードとなる世の中においてSDGs思想と今まで取り組んできた社会活動を考慮し、これからのGTの杜事業は以下を軸に、持続可能な自然資本によるみどり文化の環境立国づくりを実現して参ります。
① あらゆる命が共生し、ひとつの命もとり残さないみどりの王国の創造。
② 創造の真髄を希求し続ける技術者集団として、みどりの理想郷をつくる。

〇社会活動を通じた人材育成事業へのチャレンジ
① 若者が夢を描き、飛躍する空間をつくる。
② 建設産業の将来を担う人材が事業を通じて夢を描ける環境をつくる

 これからも永続的に続く人類にとって、現代人の物質的な繁栄のために地球が無計画に利用されているという危機感をもち、人類の永続的な幸福を私たちは絶対的な幸福として認識し、あらゆる思想や法律、国の統治に至るまで、 この絶対的な条件を組入れることが重要です。相対的な競争によって勝ち取るという概念を超越して、人間の相互支援的な信頼関係を構築していくことこそが、本当に豊かな人類社会を創出する事になります。
 社是『創造の真髄』を社員共々胸に刻み、皆様の要望や社会課題の解決に向け、日々精進して参る所存であります。又、常日頃お世話になっておりますお客様、取引先の企業様、協力企業様 社員と家族の皆様などすべてのステークホルダーの皆様に幸福を感じて頂ける取組みを私の使命として、持続可能な企業運営をして参ります所存でありますので、今後もご指導ご鞭撻宜しくお願い申し上げます。

感謝創愛

企業情報

商号・所在地 むつみ造園土木株式会社
本社 〒010-0951 秋田県秋田市山王5丁目13番3号
Tel:018-863-2011/Fax 018-864-1316/Mail:contact@mutsumi-l.co.jp
代表者 佐々木 創太
設立 1969年7月28日
資本金 3,500万円
建設業許可 国土交通大臣許可 (特-27、特-1) 第9275号
許可年月日 平成27年11月19日/令和1年10月10日
許可業種 土木・建築・大工・とび土工・石・タイルれんがブロック・鋼構造物・舗装・
しゅんせつ・内装・造園・水道・解体
建築事務所登録 むつみ造園土木株式会社 一級建築士事務所
秋田県知事登録 13-10A-0983
ISO認証取得 ISO9001:2015 NQA-18090454A 初回登録:2001年6月29日
ISO14001:2015 NQE-17100302A 初回登録:2018年4月1日(県内)
土木工事、造園工事の設計・施工、緑地管理
営業品目 造園工事・土木工事・のり面工事・舗装工事
緑地等維持管理業務・造園土木の調査設計業務・造園関連資材の販売
売上高 第51期(令和元年5月31日)
土木工事      8.60億円
とび・土工・コンクリート工事 1.51億円
解体工事     0.01億円
ほ装工事      0.44億円
造園工事      6.77億円
建築一式工事      0.22億円
管理業務     5.75億円
合計23.30億円
職員数 第51期(令和元年5月31日)
取締役 6名
技術職員 79名
事務職員 10名
合計 95名

技術職員内訳(単位:人)
  1級 2級 合計
土木施工管理技士 26 7 33
造園施工管理技士 29 10 39
管工事施工管理技士 2 2
建築施工管理技士 3   3
舗装施工管理技士 5 2 7
建築士 1   1
のり面施工管理技士 4   4
監理技術者有資格者 29   29
樹木医     2
植栽基盤診断士     5
芝草管理技術者 2級:4名       3級:8名 12
秋田県景観マネージャー     6
文化財庭園保存技術者協議会入会者     3

一般事業主行動計画(1)

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成29年6月1日~平成34年5月31日までの5年間

2.内 容

目標1

平成33年5月までに、従業員全員の所定外労働時間を、1人当たり年間300時間未満とする。

<対策>
  • ●各年 6月~  従業員の所定外労働の原因を分析する
  • ●各年 8月~  管理職を対象とした意識改革のための研修を実施
  • ●各年10月~ 社内広報誌等による社員への周知
  • ●各年 6月~  各部署における問題点の検討及び研修の実施
目標2

毎年、男性の子育て目的の休暇取得状況を把握し、改善点がないか検討する。

<対策>
  • ●各年 6月~ 制度の利用状況を把握
  • ●各年 7月~ 問題点や改善点の有無について社内検討委員会で検討
目標3

期間雇用者を含む従業員全員の年次有給休暇の取得日数を1人当たり平均年間10日以上とする。

<対策>
  • ●各年 6月~  年次有給休暇の取得状況を把握する
  • ●各年 8月~  計画的な取得に向けて管理職研修を計画期間中に2回行う
  • ●各年 9月~  各部署において年次有給休暇の取得計画を策定する
  • ●各年 4月~  社内ランなどでキャンペーンを行う

一般事業主行動計画(2)

女性の技術者を増やし、また、女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成29年4月1日~平成34年3月31日までの5年間

2.当社の課題

  • (1)女性の採用はあるものの、女性の技術者が少ない。
  • (2)管理職を目指す女性が少ない。

  • <女性の活躍状況(平成29年3月31日時点)>
  •  女性の技術職員数 3人(8%)、女性の管理職 1人(4%)
  • <女性の活躍状況(平成30年12月31日時点)>
  •  女性の技術職員数 5人(10%)、女性の管理職 1人(4%)
  • 3.目標と取組内容・実施時期

    目標1

    技術職の女性を3人から7人以上に増加させる。

    採用者の女性比率を25%以上にする。

    <取組内容>
    • ●平成29年~平成33年 各 5月~
    •  技術系の女性の応募を増やすため、学生向けパンフレット等を作成する。
    • ●平成29年~平成33年 各 6月~
    •  大学・専門学校に働きかけ、女性応募者を募る。
    • ●平成29年~平成33年 各 8月~
    •  インターンシップの受け入れを通し、女性が活躍できる会社としてPRを行う。
    •  女性が担当する業務・現場をインターシップで経験してもらう。
    • ●平成33年10月~
    •  一人でも多くの女性採用を行う。
    目標2

    女性管理職(課長級以上)を1人から3人以上にする。

    <取組内容>
    • ●各年 6月~
    •  管理職を対象とした研修の実施
    • ●各年 10月~
    •  女性労働者の育成評価に向けた上司へのヒアリングの実施
    • ●平成29年~平成33年 5月~
    •  女性従業員の管理職登用の実施

  • <働き方の改革に向けた取り組み>
  •  労働者の年次有給休暇の年間取得日数を4日以上増加させる。
  • 主な所属団体

    (社)日本造園建設業協会/(社)日本造園連合会/(社)日本造園学会/(社)日本雑草学会/(社)日本芝草学会/(社)秋田県造園協会/(社)秋田県建設業協会/(社)秋田中央建設業協会/秋田県法面業協会/文化財庭園保存技術者協議会