むつみ造園土木株式会社-Human Ecology Design-

人材と技術

人材と技術メニュー

  • 人材
  • 技術

TOPページ > 人材と技術 > 新技術紹介

郷土の緑を守る地域ネットワーク工法 自然堆積土客土吹付工法

国土交通省NETIS登録
登録番号(TH-080014-A)

地方独自の自然風景や地域の景観は、全ての動植物の営みや、永い自然環境の蓄積により構築されてきた文化的集大成です。景観緑三法も施工され、環境問題も含めた地方の風景や地域の景観のありようが真剣に問われ始めています。特に公共に関連する近年の事業では、限られた予算の中、使用資材や工法、更に施工後の評価など総合的な責任が問われるものと思われます。
従来の洋芝牧草種を中心とした法面吹付緑化工法は、初期の急速緑化に重きを置く反面、その構成種の単純性から永い期間植生遷移が進まず、地域自然度の低いかつ繁殖力の旺盛な外来種や帰化植物主体の緑化群落景観になりつつあります。この事は国定公園や自然公園など多くの観光資源を有する秋田県の個性ある自然景観を脅かす要因となります。
国は、日本固有の生態系を保護するために平成17年6月に外来生物法の規制強化をしました。これにより、今後外来植物の取り扱いも規制強化が進むものと思われます。
NDS工法は、歴史的にその地方で自生し、その地方の自然風景を構成してきた地域自生種で緑化する吹付工法です。
NDS工法は埋土種子が多様で豊富な現地表層土の他に、さらに保肥力、透水性、保水性を高めるために伐根材や枝葉を有効利用したチップ堆肥、及び基盤材の連結強化と侵食防止を図るために樹皮繊維をブレンドした製品です。
NDS工法は、このように地域の副産物を主体にした地産地消の緑化工法です。 

本工法の特徴

現地表土の利用

表土は在来種の種子を豊富に含まれていることからシードバンクと呼ばれています。これらの中には何等かの条件により発芽しないまま長期間眠っている種子があります。これらは環境変化に伴い、新たに発芽することが確認されています。古くから地域に根差した郷土種ですから生物多様性に悪影響を及ぼすことはありません。

地元リサイクル材の活用

樹皮繊維は利用方法が限られているためなかなか再利用が進んでいないのが実情です。本工法ではひび割れ防止を図るため、樹皮繊維を有効利用しています。
また、根や枝葉などは処分方法に苦慮していますが、これをチップ化し堆肥化したものを養分補給材及び保水性透水性向上のため使用しています。

特殊固化剤による長期法面安定

無機質固化促進剤を適正に配合したもので、強アルカリ性を回避するとともに、固化強度及び耐久性の問題をあわせて解決した固化剤(ハードロック)を使用することで長期の法面安定が得られます。
したがって、周辺からの飛来種子による発芽を待つことができます。(待受型緑化)

無機質固化剤 ハードロック

ハードロックの特徴

表従来から接合剤として使用されてきた高分子系化合物は土壌中で分解されやすく、また降雨によって容易に再吸収し、土壌の保持力が緩み、往々にして吹付け面の崩落を招いてきました。また最近開発されたセメント系固化剤は固化能力に優れている反面、アルカリ性が強く、緑化植物の発芽~植生が著しく阻害される問題がありました。ハードロックは2種類の無機質固化剤を主体に数種類の無機質固化促進剤を適正に配合したもので、強アルカリ性を回避するとともに、固化強度及び耐久性の問題をあわせて解決した新しいリサイクル製品です。

ハードロックの効果

従来ハードロックが吸水して水和反応が行われ、エトリンガイト等の水和物を生成します。これが繊維状に絡み合うような形態で生成・伸長します(鎖状結束)。つまり、土壌粒子を内包する形で、また土壌粒子そのものがハードロックの各種成分に微妙に反応しながら水和物の生成に関わり「団粒化」します。さらに、この鎖状結束が表土に浸透し基盤材と地山の一体化・長期安定が図られ、恒久的な緑化を可能にします。

自然堆積土施工フロー

施工図

施工後の植生状況

施工状況

追跡調査

自然堆積土客土吹付工法 施工実績

施工年月 発注者 工事名 場所 施工内容
2006年3月秋田県 秋田地域振興局予防治山事業秋田県男鹿市t=3cm 116m2
2006年7月秋田県 秋田地域振興局災害関連緊急治山事業 第0N030号秋田県男鹿市t=1cm 548m2
t=5cm 816m2
2006年9月秋田県 仙北地域振興局災害関連緊急治山事業秋田県大仙市
2006年10月秋田県 秋田地域振興局地域防災対策総合治山事業第0H011号秋田県男鹿市t=1cm 68m2
t=3cm 954m2
2006年12月秋田県 秋田地域振興局予防治山事業秋田県男鹿市t=1cm 650m2
2007年1月秋田県 秋田地域振興局災害関連緊急治山事業 第0N010号秋田県男鹿市t=3cm 325m2
t=5cm 249m2
2007年3月秋田県 秋田地域振興局椿 予防治山事業18-0B02号秋田県男鹿市t=1cm 1260m2
2007年9月秋田県 秋田地域振興局地域防災対策総合治山事業第0H012号秋田県男鹿市t=1cm 19m2
t=3cm 2686m2
2007年11月秋田県 秋田地域振興局復旧治山事業19-0A011号秋田県男鹿市t=3cm 383m2
2007年11月国土交通省東北地方整備局成瀬ダム上流迂回路改良工事秋田県東成瀬村t=3cm 1340m2
2007年11月秋田県 秋田地域振興局予防治山事業19-0B040号秋田県男鹿市t=4cm 604m2
2008年1月秋田県 秋田地域振興局復旧治山事業19-0A010号秋田県男鹿市t=1cm 150m2
t=3cm 872m2
2008年3月秋田県 秋田地域振興局地方道路交付金工事19-FI64-50秋田県男鹿市t=3cm 800m2
2008年10月秋田県 秋田地域振興局地域防災対策総合治山事業第0H01号秋田県男鹿市t=3cm 1800m2
2008年11月秋田県 秋田地域振興局椿 予防治山事業RD1102A002号秋田県男鹿市t=1cm 371m2
t=4cm 380m2
2009年7月男鹿市教育委員会脇本城址災害復旧工事秋田県男鹿市t=3cm 150m2
2009年11月秋田県 山本地域振興局ファレストコミュニティ総合整備事業RC1202A709秋田県藤里町t=3cm 4600m2
2009年11月秋田県 山本地域振興局ファレストコミュニティ総合整備事業00708秋田県藤里町t=3cm 400m2
2010年2月秋田県 秋田地域振興局椿 予防治山事業21-RD1102A003秋田県男鹿市t=1cm 400m2
2010年3月秋田県 秋田地域振興局県単 地滑り対策工事21-L452-10秋田県男鹿市t=3cm 540m2
2010年5月秋田県 山本地域振興局ファレストコミュニティ総合整備事業RC1202A702秋田県藤里町t=3cm 4680m2
t=0.5cm 2590m2
2010年5月秋田県 山本地域振興局ファレストコミュニティ総合整備事業RC1202A703秋田県藤里町t=3cm 5630m2
t=0.5cm 2994m2
2010年5月秋田県 山本地域振興局ファレストコミュニティ総合整備事業RC1202A704秋田県藤里町t=3cm 5990m2
t=0.5cm 1430m2
2010年5月秋田県 山本地域振興局ファレストコミュニティ総合整備事業RC1202A710秋田県藤里町t=3cm 2660m2
t=0.5cm 3100m2
2010年9月秋田県 山本地域振興局ファレストコミュニティ総合整備事業RC1202A709秋田県藤里町t=3cm 7300m2
t=0.5cm 3000m2
2010年10月東北森林管理局白雪川治山工事秋田県にかほ市t=3cm 930m2
2011年7月秋田県 山本地域振興局予防治山事業RC1113A012秋田県能代市t=3cm 1860m2
2011年8月秋田県 山本地域振興局復旧治山事業 RC1101A013秋田県藤里町t=3cm 1370m2
2012年8月秋田県 山本地域振興局ファレストコミュニティ総合整備事業RC1202A709秋田県藤里町t=3cm 1730m2
2012年10月秋田県 山本地域振興局復旧治山事業 岩下 第RC1101A012号工事秋田県藤里町t=3cm 4567m2