平成18年12月4日、センチュリーハイアット東京にて「創立50周年記念平成18年度あしたのまち・くらしづくり全国フォーラム」記念式典が開催され、むつみ造園土木(株)・秋田グリーンサム倶楽部を代表して佐々木吉和と三浦顯兒が表彰式に出席しました。

 財団法人あしたの日本を創る協会、NHK、読売新聞社東京本社 等が主催し、内閣府、経済産業省、全国知事会、全国市町村、全国商工会連合会等が後援する「創立50周年記念平成18年度あしたのまち・くらしづくり全国フォーラム」において、むつみ造園土木(株)が「企業の地域社会貢献部門」で内閣総理大臣賞を受賞しました。  企業の地域社会貢献部門は、地域社会において、企業や企業連合体が、本来の活動とは別に、地域社会に貢献する活動で大きな成果をあげたと認められた企業に授与されます。 むつみ造園土木(株)がこれまで行ってきた、海岸林の清掃活動や沿岸緑化計画を展開している「フィロスあきた」や、花と緑を愛する人たちが自由に参加できるネットワーク「秋田グリーンサム倶楽部」(会員数1200名)の活動等が高く評価されての受賞となりました。  ※内閣官房長官賞はトヨタ自動車(株)、振興奨励賞はソニーエナジー・デバイス(株)、(株)西友等でした。